オルソケラトロジーをよく理解するためのサイト

当サイト(オルソケラトロジーまるわかり)について

このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトは、オルソケラトロジーについてよく理解をしてらうことを目的としたサイトです。話題の視力回復法として注目されているオルソケラトロジーですが、その歴史はまだ浅く、日本の眼科で視力を回復させるための治療法として取り入れらたのは、つい最近(2,000年以降)のことです。

オルソケラトロジーで視力が回復する仕組みとは?


オルソケラトロジーで視力が回復する原理は、至ってシンプルです。その原理を簡単に説明すると、就寝中にOKレンズ(オルソケラトロジー治療で使われるレンズ)を装着すことで、眼球の表面を覆っている角膜の形を変えます。

角膜の形を変えることで、近くで合ってしまっているピント(近視の状態)を、遠くのピントに合うように調整し、遠くもよく見えるように矯正をするのです。基本的には、メガネや一般のコンタクトレンズで視力を矯正する仕組と同じです。

OKレンズを使い、角膜の形を変えることでピントを調整するか、メガネや一般のコンタクトレンズのレンズを用いてピントの調整をするか、だけの違いである、と説明をすればわかりやすいでしょうか。

スポンサーリンク


オルソケラトロジーのメリットとは?


メリットの多いと言われているオルソケラトロジーですが、よく比較をされるのがレーシックやメガネ・一般のコンタクトレンズです。

レーシックと比較した場合のメリットは、レーシックと違い手術で角膜を削ることがないので、それによる合併症のリスクがないという点です。メガネと一般のコンタクトレンズと比較したメリットは、言うまでもありませんが、日中裸眼で過ごせるという点です。

オルソケラトロジーのデメリットとは?


日中裸眼で過ごせるという点が最大の魅力であるオルソケラトロジーですが、もちろんデメリットもあります。最大のデメリットは、使い続けなければいけないという点でしょう。オルソケラトロジーは、OKレンズを使い、角膜の形を変えることで、近くで合ってしまっているピントを遠くで合うように調整し、視力回復させる方法です。

慣れてくれば、一晩装着するだけで視力回復効果が最大で3日間続くと言われていますが、一定期間使用を中止すれば、角膜の形は元に戻ってしまい、視力は悪い状態に逆戻りしてしまいます。オルソケラトロジーは、あくまでもOKレンズを利用することで一時的に視力を回復させている、という点はよく理解をしておきましょう。

よく検討しましょう


メリットもデメリットもあるオルソケラトロジーですが、この視力回復法がすべての人にピッタリの方法だとは言えません。

面倒くさがり屋で、毎晩寝る前にレンズを装着することなんてできない、という方でしたら、手間のかからないレーシックを受けてしまった方がよいでしょうし、近視の程度(一般的には中度近視までが治療可能な範囲)によっては、オルソケラトロジーで視力の矯正が不可能な場合も決して少なくはありません。まずは、オルソケラトロジーについてよく理解を深めた上で、よく検討してみましょう。

レーシックまるわかりも合わせてご覧ください

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加